mousou-wife’s blog

2拠点生活の日常の記録を書いています 鎌倉⇆軽井沢

謎多き鎌倉大仏と桜

鎌倉を代表する名所、高徳院の

本尊の大仏は鎌倉幕府第三代執権

北条泰時によって作り始められました。

ただ、その原型作者を含め、

創建関わる事情の多くは謎

包まれています。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
★ ブログ村参加中 ★

 

f:id:mousou-wife:20220401112109j:plain

鎌倉の大仏は鎌倉の仏像の中で

唯一の国宝です。

f:id:mousou-wife:20220401112131j:plain

3月の最終週、桜が8分咲きでした。

f:id:mousou-wife:20220401112231j:plain

像高約11.39m (台座を含め高さ13.35m)

 

f:id:mousou-wife:20220401112255j:plain

拝観料は大人300円子供150円

f:id:mousou-wife:20220401112516j:plain

こうして桜と一緒に拝んでみると

お顔がより柔和に見えてきます。

f:id:mousou-wife:20220401112701j:plain

大仏は山を背にして鎌倉の海の方向を

向いています。

 

国宝のこの阿弥陀如来坐像は

野外に剥き出しです。

 

炎天下の夏も大雨の日も

こうして優しい眼差しで

座っていらっしゃいます。

 

f:id:mousou-wife:20220401113137j:plain

現在は銅像ですが、よく見ると右頬に

金箔の跡が。

(以前は金箔だったと言われています)

 

この大きさで金箔だったら

すごい存在感ですね。

 

f:id:mousou-wife:20220401113208j:plain

裏手に回ると胎内(体の中)に

入れるのですが。

f:id:mousou-wife:20220401113304j:plain

今は中止になっているようです、残念💧

f:id:mousou-wife:20220401113348j:plain

お姿は少し前かがみでなで肩ですね。

f:id:mousou-wife:20220401113440j:plain

f:id:mousou-wife:20220401115145j:plain

この大わらじは「松栄子供会」が

奉納されている物で、

「大仏様にわらじを履いて行脚してもらおう」

という意味があるそうです。

f:id:mousou-wife:20220401115606j:plain

f:id:mousou-wife:20220401115537j:plain

後ろ姿も美しいです。

 

何百年も流れる時と共に

静かに人々の暮らし

このを眺めてきたのだと

思うと自分の存在の小ささを実感します。

f:id:mousou-wife:20220401120125j:plain

 

f:id:mousou-wife:20220401120009j:plain

鎌倉時代に世の中の平和を願って

建立された大仏。

 

その表情は謎めいた微笑み

良く解釈されますが、

紛争やいざこざが絶えない今は

少し怒っているようにも

困っているようにも見えました。

 

 👇大仏からハイキングで行くカフェ

mousou-wife.xyz

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

  ブログランキング参加中

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
↓ click ↓

人気ブログランキング

▼ よろしければ 読者登録 お願いします! ▼

 

 

 

www.kotoku-in.jp


2拠点生活の日常 鎌倉⇔軽井沢 - にほんブログ村
ブログ村でフォローお願いします