mousou-wife’s blog

2拠点生活の日常の記録を書いています 鎌倉⇆軽井沢

日本一早い紅葉「大雪山」トレッキング

北海道の屋根、大雪山(だいせつざん)の赤岳と黒岳に紅葉を見に行って来ました(2022/9/22)

大雪山は日本最大級の国立公園で、ここから紅葉はスタートし、その後紅葉前線は日本列島を南下します。

大雪山は巨大な連峰の総称で「大雪山」という名前の単体の山は無く、北海道最高峰の旭岳を初め以下の山々を総した名称です。

旭岳(2291m)北鎮岳(2244m)白雲岳(2230m)愛別岳(2113m)北海岳(2149m)黒岳(1984m)赤岳(2078m)

 

大雪山は北海道の真ん中(上川町)

 

まずは赤岳を目指し、そこ紅葉の様子を見て山頂まで行くか、または途中まで行って下山し黒岳も行くかを見極めたいと思います。

 

赤岳

赤岳の登山口「銀泉台」へは、環境保護の為、一般車両は交通規制をしていて入れませんので、「レイクサイト」に車を停めて、ここからシャトルバスで銀泉台へ向かいました。

(バス;往復大人1020円)

紅葉が始まった山の中を、シャトルバスに乗って約30分で銀泉台に到着。

白樺の木が綺麗です

シャトルバスを降りた辺り

おおー、これは錦絵の紅葉が期待できそうなスタートです。

登山口

初心者でも歩きやすい山道が続きます。

色づき始めでしょうか

第一花園

ここは登山口から45分程歩いて行ける観光スポットです。

真夏なら色々な山のお花が咲いている所ですが、9月にもなると何も咲いていません。

気温は25度、暑いです💧

この辺りは9月でも10度になる日もあるそうなので、充分な寒さ対策をして来たのですが、意外にも歩くと汗をかく程でした。

長袖Tシャツ1枚で丁度良かったです。

絶景の中、気持ち良いトレイル

お天気が良くて遠くまで見渡せます

第二花園

紅葉したチングルマの群生

この後「奥の平」の先の標高1800m辺りの「駒草平」まで登ったのですが、上を見上げても紅葉は見られず(山頂はもう紅葉は終わったのかな❓)山頂まで行くのは止めて下山する事にしました。

今回の目的は登頂ではなくて、紅葉を見る事なので。

下山途中

山を下る時に見た、中腹の景色が一番綺麗でした。

「銀泉台」まで下りてシャトルバスに乗り「レイクサイト」に戻って、そこから車で20分の次の目的地「黒岳」のスタート地点の「早雲峡駅」を目指します。

黒岳

黒岳登山口は、層雲峡駅からロープウェイで5合目まで行けて、そこまでは観光スポットになっています。

ロープウェイ乗り場は土日は長蛇の列だと聞いていましたが、、、、

今日は平日で、ここに到着したのはお昼を過ぎていた為か、すんなりロープウェイに乗れました(往復大人2400円)

7分間、紅葉が始まった山を眺めながら乗っていると「黒岳駅」に着きました。

このロープウェイから見た紅葉は、まだ早いのか思ったより綺麗ではありませんでした。

黒岳駅

降りると散策路になっていて、傾斜のほとんどない道が続いています。

ここはロープウェイから見た景色より、黄色の紅葉が見られました。

整備された道

ここを少し歩くとリフト乗り場があり、15分で黒岳7合目まで行けます。

(リフト往復800円)

快適にグングン上まで😊

やはりリフトは楽です👍

台風予報の間の日なので人は少なめ

7合目に着きましたー。

7合目、1520m地点

パトロール事務所

ここに行くと最新の黒岳情報がわかります。

2022年9月22日

「7合目から下が見頃❗️」

え、という事は今いるココが一番の見頃なのですねー。

しかも山頂はもう紅葉が終わっているとの事で、上を見上げると焦げ茶の葉っぱが見えるだけです💧

ここから山頂へ行くのは諦めて、7合目周辺を歩く事にしました。

黒岳カムイの森の道

カムイとはアイヌ語で「」を意味する事。

どんな神様の森の道だろう、ワクワクします。

わー、綺麗😊

確かに神々の話声が聞こえてきそう

先に見えるのは黒岳山頂

山頂まで行かなかったけど、お天気にも恵まれ7合目の美しい紅葉を見る事が出来て満足しました。

遠くて写真には写らなかったのですが、下の方にアマリョウの滝が見えました。

 

20分程この「カムイの森」を散策して7合目リフト乗り場まで戻りコーヒーを飲んで帰りました。

紅葉を追いかけて2つの山に行ったので、結果乗り物ばかりに乗っていた感じがします。

そのせいか楽すぎて物足りない山散歩となってしまいました。

後から地元の方に伺うと、今年の大雪山の紅葉は、あまり色づきが良くないという事です。

8月から9月にかけての天候の影響か、思い描いていた息を飲むような錦絵は見られませんでした。

でも、日本一早い紅葉の中、清々しい秋の大雪山を1日で2座(丸印の所)行けてとても楽しかったです👍

 

緑丸・黒岳7合目/青丸・赤岳駒草平

* Thank you as always *

 

  ブログランキング参加中

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
↓ click ↓

人気ブログランキング

▼ よろしければ 読者登録 お願いします! ▼

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

もう食べられません

歳と共に食事は量より質に変わりました。

たまの記念日にご馳走を作る日もありますが、夫婦2人の食卓は年々質素で少量になっていきますし、アルコールも弱くなりました。

また最近は物価高で、何でも値上がりしているので「スーパーに行ってから」その日の安い物で献立を考えるというクセがつき、以前のように「食べたい物を買ってくる」事は減りました。

 

これからは、メリハリをつけて記念日や人が集まった時だけ頑張るとして普段はそれなりでイイかなと思うのです。

その方が私も楽だし夫もそれで良いと言ってくれています😊

 

あれ❓でも

考えてみたら値上がり前の去年一年を振り返っても前からたまーにしか頑張っていなかったみたいですね😅

 

それで備忘録として、2021年4月〜2022年5月のその「たまに作ったご馳走」を10個選んでみました。

 

確かに、もうこんなに食べられないし作れない。

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

 

mousou-wife.xyz

 

お家ごはんは強弱つけて、飽きないように適当に頑張ろうっと。

 

台風がまた近づいているようです。

皆さまも天候にお気をつけて良い休日を。

 

  ブログランキング参加中

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
↓ click ↓

人気ブログランキング

▼ よろしければ 読者登録 お願いします! ▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

理想の子離れとは#大愚和尚の一問一答

先日、ブログで「軽井沢に熊出没」の記事を書いたからでしょうか、YouTube大愚和尚の一問一答」(たいぐおしょうのいちもんいっとう)熊の子離れのお話をふと思い出しました。

 

チャンネル登録者数 52.4万人

f:id:mousou-wife:20220918144315j:image

 

私は特に仏教徒という訳ではないのですが、大愚和尚様のゆっくりとした落ち着きのある語り口は、すっと心に入っていくものがあり、1日の終わりに拝聴してから眠る事も良くあります。

 

YouTube番組「一問一答」は毎回、質問者からの悩みに和尚様が答えて行く形式です。

この回は「離れて暮らす自分の子供の事がとても心配です」という視聴者さんからの悩みに、熊の子離れを例に分かり易くご回答して下さっています。

 

熊の子離れ、その時親は

 

画像;Pixabay

母熊は子熊が一人前になるまで、狩の仕方や木登りを教えます。

最初は上手に木に登れなくても、日に日に高く上まで登れるようになり、子熊も嬉しそうです。

 

木登りの練習が何日か続いたある日。

子「見て、ボクこんなに登れるようになったよ」

母「凄いね、ガンバレガンバレ」

子熊は母熊を喜ばせたくて、もっと上に登ります。

そして、得意気にどうだーという顔で下を振り返ると。

お母さんはいない

母熊は我が子が成長した姿を見届け、黙ってその場を去っていったのでした。

 

熊のお話はここで終わりです。

 

これを聞いて私は、胸がジーンとしました。

厳しい動物の世界。

子熊は下にいるはずの母熊がいなくてビックリしたでしょうね。

「えっ、お母さん、どこ行ったの💧」

子熊は慌てて木を降りて、母親を探すでしょうか❓

多分探さないと思います。

では母熊は子熊に最後のお別れの挨拶をしたでしょうか❓

何もしないで去って行ったと思います。

 

あまりにも、サッパリとした親子の別れ、野生動物と人間は違いますが、大愚和尚様は最後に子の自立を親は妨げてはいけない、と教えて下さいました。

 

ある程度子供が大きくなったら、親は何事も先回りして世話を焼きすぎないよう、遠くから見守っているぐらいが丁度良いのかもしれません。

 

私はこのお話を聞いて、親は子供の「転ばぬ先の杖」になってはいけないのだと思い、それからはなるべく手を貸さないようにしています。

f:id:mousou-wife:20220920000927j:image

「大愚和尚の一問一答」より

 

* Thank you as always *

 

  ブログランキング参加中

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
↓ click ↓

人気ブログランキング

▼ よろしければ 読者登録 お願いします! ▼

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

想定外の「家具と布団の処分」

処分するのにこんなにお金がかかるなんて

リモートワーク等で在宅時間が増えて、家の整理をされている方も多いと思います。

長く過ごす空間をより快適に過ごす為にも、私も断捨離は年に一度の大掃除の日だけではなく、気になったらやるようにしています。

 

使わない物を置いていても、場所を取るだけでなく精神的にストレスになったりしますから。

 

今回の記事は買い替えたソファと処分した客布団についてです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
★ ブログ村参加中 ★

 

驚きの処分価格のソファ

 

お気に入りのソファが、長年使っているうちにクッションが少し弱くなり座り心地がイマイチに。

Pexels/pixabayによる画像

 

汚れも無くまだ使えそうですが、模様替えをしたかったので思い切って買い替える事にしました。

3人掛けのゴロンと横になれるソファが好きなので、新しい方も同じサイズに。

そのソファが届く前に、古い方を処分しないといけません。

 

リサイクル業者に家まで見積もりに来て貰うと「残念ながら引取れません」との回答が❗️

(無料どころか、こちらがお金を払っても持って行かないという意味です)

最近はコロナ禍で部屋の片付けをする人が多く、中古のソファはよっぽど良い物以外は買い手がつかないそうです。

特に布製は、人気がないようです。

「ずっと前ならいくらかは値がついたのですが」と言われてしまいました。

 

リサイクル業者は諦めて、今度はの大型ゴミ処理場にネットで予約する事にしました。

 

鎌倉市では1200円の券を購入してそれを処分したい物に貼って、持って行ってもらうシステムです。

部屋の中までは取りに来て貰えませんので、自分で予約した日の前日に表まで出すのですが、やはり予約がいっぱいでこちらの都合の良い日が空いていませんでした。

自分で市の粗大ゴミ処分所まで持ち込むのなら、時間的には都合がつくものの、ソファが乗る大きい車をレンタルしなければなりません。

 

あまりのんびりしていると、新しいソファが届いてしまいます💧

 

最後の手段を取る事にしました。

それは家具店に、ソファを届けて貰う時に古い方を持って行って貰う事。

これは購入時に「引取り価格はいくらかかるか」と聞いて知っていたので、あまり頼みたくなかったのですが、仕方ありません。

当日、運送スタッフの方に4400円の処分代をお支払いしました。

ソファは大きくて、男性2人でも運ぶのが大変そうでした。

 

それにしてもこれは想定外の出費でした(とほほ)

 

客布団の断捨離

付き合い方の変化と共に

軽井沢では、泊り客があったら室の客間でお布団を使ってもらっています。

今まで押入れに、5組分の客布団がありました。

段々お付き合いも簡単になって行き、もう大勢のお客様も見えないだろうと思うし、布団のメンテナンスも大変です。

2組だけを残して、3組を片付ける事にしました。

そのうちの2組を娘夫婦にって、残りの1組は軽井沢にある町営の粗大ゴミ処分所に持参しました。

こちらは重量で決まるので、引取り料300円でした。

わあ、良かったー。

さっぱりしました

カビの元となる湿気は下に降りるので、もう下の段は使わないつもりです。

ただ軽井沢は湿気が多いので、何も入っていなくても湿気取りは置いています。

 

今後は、3組以上の来客の時だけ、軽井沢のレンタル布団店にお願いする予定です。

それも1年に1度あるかないかなので、多少お金がかかるにしても気分的にはかなり楽になりました。

 

台風の影響でここ関東圏では、昨日からずっと雨で、時折強く降ったりしています。

お気を付けてお過ごし下さい☔️

 

* Thank you as always *

 

  ブログランキング参加中

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
↓ click ↓

人気ブログランキング

▼ よろしければ 読者登録 お願いします! ▼

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 


2拠点生活の日常 鎌倉⇔軽井沢 - にほんブログ村
ブログ村でフォローお願いします