mousou-wife’s blog

2拠点生活の日常の記録を書いています 鎌倉⇆軽井沢

ヒヤシンスとお家時間「お花が終わった後も」

2月になるとお花屋さんで見かけるお花

そう言えば小学生の頃、理科の時間に水栽培した覚えがあります。

 

ヨーロッパではこのような野生のヒヤシンスの森があるそうです。

いつか行ってみたいです☺️

f:id:mousou-wife:20220209122311j:plain

北欧ではクリスマスに欠かせない花で、国中をヒヤシンスで飾ります。

このお花は寒さに強く、その甘い香りから香水の原料にもなる程です。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
★ ブログ村参加中 ★

 

ヒヤシンスの鉢植え

育てやすく、春を告げる花として可愛らしいのでお部屋に飾っています。

f:id:mousou-wife:20220209123943j:plain

甘い香りが部屋中に広がって優雅な気分。

 

時々、ポロンと下に落ちる事があるので、その時は箸置きにするチャンス❗️

f:id:mousou-wife:20220209124256j:plain

小さくて収まりが良いです

お花はしっかりしているので、しばらくはこうして形が崩れる事なく楽しめます。

 

またはお菓子と一緒に並べると、一層美味しそう❤️

f:id:mousou-wife:20220209124528j:plain

頂き物のチョコレート

滅多に食べられない高級チョコを頂いたりすると、このまま飾っておきたくなります。

 

f:id:mousou-wife:20220209164702j:plain




 

ヒヤシンスのドライ

あまりヒヤシンスのドライフラワーは見かけませんが、乾燥剤を使って上手く作る事が出来ます。

お花が終わりかけたら、すっかり萎んでしまう前にタッパーに乾燥剤「フラワー用シリカゲル」を入れてドライフラワーにします。

f:id:mousou-wife:20220209125117j:plain

ドライフラワー用の乾燥剤を使います

これは繰り返し使えるタイプなので便利です。

f:id:mousou-wife:20220209125400j:plain

後から使いやすいように色別に

f:id:mousou-wife:20220209125446j:plain

周りから優しく乾燥剤をかけて蓋をします

茎から切って逆さに吊るしてドライフラワーにする方法だと色褪せしてしまいますよね。

ヒヤシンスの色を綺麗に出したいのであれば、シリカゲルを使った方が良いようです。

 

保管方法にもよりますが、1週間〜数週間でドライになるので、そうしたら優しくお花を取り出して下さい。

 

また食卓やお部屋で使う事が出来ます。

(生の状態より水分が抜けて2回り程小さくなります)

 

これからもお金をかけずに工夫して、お家時間を楽しみたいと思います💐

 

f:id:mousou-wife:20220209130812j:plain

春が待ち遠しいです

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

  ブログランキング参加中

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
↓ click ↓

人気ブログランキング

▼ よろしければ 読者登録 お願いします! ▼

 


2拠点生活の日常 鎌倉⇔軽井沢 - にほんブログ村
ブログ村でフォローお願いします