mousou-wife’s blog

2拠点生活の日常の記録を書いています 鎌倉⇆軽井沢

葉山美術館「マン・レイと女性たち」と茶寮「六花」

秋晴れで気持ちの良い海風が吹いています。

R134を鎌倉から葉山方面に

海沿いに車で走ると

やがて右側に一色海岸

広がって見えます。

(バスなら逗子駅から

三ヶ丘・美術館前まで20分)

海が見えたら

美術館はもうすぐ。

 

県立近代美術館 葉山館

秋晴れでキラキラと輝く海を背に

葉山美術館は建っています。

f:id:mousou-wife:20221029221908j:image

企画展 マン・レイと女性たち (一般1200円)

MAN RAY and the WOMEN 2022.10.22〜2023.1.22 (休 月曜日)

海岸へ抜ける散策路

カフェレストラン オランジュ・ブルー

散策路、カフェレストラン、

美術図書室

美術館に入館しなくても

利用する事が出来ます。

 

マン・レイは20世紀を代表する芸術家(1890-1976)

多くの女性を撮り続け

その輝かしい傑作は

現代も色褪せる事なく私達の

心を揺さぶります。

ガラスの涙

これはマスカラのCMにも

起用されたマン・レイの

代表作の一つ。

 

ココ・シャネル

元からカッコ良いシャネル、

彼の手にかかるとそれが

より強調されますね。

 

一番長く共にしたジュリエット・ブラウナー

マン・レイは恋多き人生で

彼と深く係った女性は

キキとジュリエットを含む5人

特に彼の最期を看取った

ジュリエットは聡明で

凛とした雰囲気のある人。

今はマン・レイと同じお墓に

眠っています。

 

今回の写真展を観て、

どの女性も個性的で美しく

作品に大きな影響力を

与えているように感じました。

 

それぞれの女性達は

一見何の共通点も無いようですが

知性的な反面、セクシーさや

可愛さも持ち合わせている所に

私は彼女達の共通点を感じました。

 

200点以上の作品は、

とても見どころが多く

もっと「マン・レイと女性たち」

を知りたくなり、

併設の美術図書室に行きました。

マン・レイと女性たち

カトリーヌ・ドヌーブ 右上キキ 右下マン・レイ

 

葉山茶寮 六花

県立現代美術館 葉山館から

歩いてすぐの所にある

隠れ家のようなお店。

おひとり様でも、ここは

ゆっくり出来そうです。

お料理屋さんのような外観

引き戸のある門をくぐり、、

良い感じー

午後4時過ぎなので

ランチは終わっていた為

お客様は数名だけでした。

静かで落ち着きます

意外にもこのお店のランチは

餃子が美味しくて有名です。

ガラス戸見たの久しぶりだわ

土曜の夜はバーにもなるんですって

夜にも来たい❤️

隅々まで清潔感があるお店

思ったより中は広くて

奥にはお座敷があるようでした。

 

メニュー

冷抹茶オランジェ 900円 

抹茶の下にはマーマレード

抹茶にオレンジマーマレードを

スプーンで混ぜながら頂きます。

この組み合わせは初めてですが

とても良く合って美味しかったです。

ごちそう様でした!

 

六花(りっか)さんHPより

葉山御用邸にも近い

素敵なお店です。

 


* Thank you as always *

 

  ブログランキング参加中

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
↓ click ↓

人気ブログランキング

▼ よろしければ 読者登録 お願いします! ▼

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


2拠点生活の日常 鎌倉⇔軽井沢 - にほんブログ村
ブログ村でフォローお願いします